ページの先頭です 本文へ メインメニューへ
現在位置 : トップ > 助成事業 > QOLへの助成 > ハートフルコンサート >  病院に弦楽四重奏の調べ(山口)
助成事業 QOLへの助成

病院に弦楽四重奏の調べ(山口)

美しい音色で患者らを癒した読響ハートフルコンサート

 読売日本交響楽団のメンバーによる「読響ハートフルコンサート」が5日、柳井市の周東総合病院で開かれた。入院患者や職員ら約150人がバイオリンとチェロ、ビオラの弦楽四重奏の美しい音色を楽しんだ=写真=。
 会場の東館7階講堂では、同楽団のメンバー4人がブラームスの「ハンガリー舞曲第5番」や、アニメ映画「アナと雪の女王」の主題歌「Let It Go~ありのままで~」「川の流れのように」など10曲を披露。最後の「ふるさと」の演奏では、患者らも口ずさんでいた。
 同病院で出産した長男(3)と一緒に聞いた柳井市の主婦(40)は「普段聞いているアニメ映画曲などを生演奏で聞くことができ、とても感動した」と話していた。
 コンサートは、がん患者とその家族の支援に取り組む公益財団法人「正力厚生会」と読響が、2007年度から全国のがん診療連携拠点病院などで開催。今回は周東総合病院の健康講座の第100回を記念して催された。

(2015年11月06日)

本文の終わりです