お知らせ

がんの「在宅療養ガイド」新版発行 ウェブ版無料公開もスタート

 「がん患者さんとご家族をつなぐ 在宅療養ガイド」(日本医学出版、税込1650円)が、「地域におけるがん患者の緩和ケアと療養支援情報 普及と活用プロジェクト」の編著により発行されました。6月20日からは同プロジェクトのサイトでも公開され、ウェブからなら全文が無料で読めるようになっています。

 がんになっても、自分らしい生活を守りながら身近な場所で過ごすために役立つ情報が網羅された一冊で、2015年に同プロジェクトが制作した「在宅療養ガイド」の改訂新版です。正力厚生会の助成金を活用して編集が進められました。

 最期の時まで自宅で過ごすためのケアといった話以外に、患者らの豊富な体験談を交えながら通院治療や仕事との両立など、がんと共に生きるための情報が満載されています。本もウェブ版も、自分が知りたいと思う情報を部分読みしやすい作りが特徴です。

 書籍で読みたい場合はお近くの書店でも取り寄せられます。A5判222ページで、大きく見やすい文字のカラー印刷です。