ページの先頭です 本文へ メインメニューへ
現在位置 : トップ > お知らせ > がんの在宅療養  体験談や応援メッセージ募集 10月末締め切り
お知らせ

がんの在宅療養  体験談や応援メッセージ募集 10月末締め切り

 正力厚生会が助成しているがんの在宅療養支援プロジェクト※(プロジェクトリーダー:渡邊清高・帝京大医学部准教授)が、経験者からの体験談や応援メッセージを募集しています。

 在宅で過ごすがん患者とそれを支える家族向けに、在宅療養経験者や医療・介護福祉の専門職の方から、役に立つエピソードや応援メッセージを寄せていただきたい、という趣旨です。事業は「がんの在宅療養リニューアルプロジェクト2020」と名付けられ、2016年に発行した本「ご家族のための がん患者さんとご家族をつなぐ在宅療養ガイド」の内容改訂という位置づけです。

 原稿は1テーマ400字前後の「です・ます調」が条件で、10月末日締め切り。採用分には薄謝進呈のうえ、同プロジェクトのサイトに掲載するほか、今後、本の改訂時に掲載することも計画中です。

 詳しい応募方法などは、がんの在宅療養サイトをご覧ください。

※正式名「地域におけるがん患者の緩和ケアと療養支援情報 普及と活用プロジェクト」

本文の終わりです