ページの先頭です 本文へ メインメニューへ
現在位置 : トップ > 助成事業 > QOLへの助成 > ハートフルコンサート >  癒やしの四重奏 住友別子病院で読響(新居浜)
助成事業 QOLへの助成

癒やしの四重奏 住友別子病院で読響(新居浜)

演奏者に合わせて「故郷」を歌う患者ら(新居浜市で)

 読売日本交響楽団(読響)メンバーによる「読響ハートフルコンサート」が15日、新居浜市王子町の住友別子病院で開かれ、患者ら約110人が弦楽四重奏(バイオリン、ビオラ、チェロ)に聴き入った。

 同コンサートは、がん患者やその家族らの支援に取り組む「正力厚生会」と読響が2007年度から各地の病院で開いている。

 この日はクラシック曲のモーツァルト「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」や歌謡曲の美空ひばり「川の流れのように」など計10曲が演奏され、唱歌「故郷(ふるさと)」の演奏では患者や職員も合唱で参加した。

 入院患者の女性(67)は「クラシックが好きだから、感動して涙が出た。癒やされ、力が出た」と喜んでいた。

(2018年01月16日)

本文の終わりです