ページの先頭です 本文へ メインメニューへ
現在位置 : トップ > 助成事業 > がん患者団体助成 > 読売新聞で紹介された患者団体 >  がん患者と家族支援=三重
助成事業 QOLへの助成

がん患者と家族支援=三重

 公益財団法人・正力厚生会のがん患者団体への助成事業で、県内から県がん相談支援センター(津市)のボランティアグループ「県がん患者とサポーターの集い」が選ばれた。代表の大西幸次さん(57)は「今後も、気負わず、楽しく活動を続けていきたい」と話している。
 2004年に、がん患者や家族を支援する県事業のボランティアとして集まった人たちのグループが始まり。昨年、組織を整えて「集い」が設立された。現在は同センターのボランティアとして、がん患者や家族らを支援している。
 患者や家族が集まる「おしゃべりサロン」、絵を描いてそれぞれの思いを表現する集まりのほか、がんで大切な人を亡くした人たちを支えるため、花見などを開いている。
 大西さん自身も07年に肺がんを告知され、抗がん剤や放射線の治療を受け続けた。「医師から『治って元気にしている人がいますよ』と励まされても、『本当かな』と思うことがあった」と振り返る。
 告知から4年ほどたって、患者が集まるサロンがあることを知った。がん治療では副作用があり、そのつらさは経験した人でなければ、なかなか理解できない。サロンに参加し、共感できる人がいることが心強かった。また、「数年後はこうなるんだ」と自分自身が、現在治療を受けている人たちの励みになることも知った。
 昨年12月に開いた「おしゃべりパーティー」は患者や家族、サポーターら約120人でにぎわった。今年10月にも開く予定で、助成金13万5000円はパーティーの開催費用や絵を描くための画材購入などに充てることにしている。
 「患者の役に立てればうれしいと思っていたが、今では逆に元気をもらい、勉強させてもらっている」と話す大西さん。これからも患者や家族と支え合っていく。
 

(2014年05月01日)

本文の終わりです